クラミジアは性病の中でも最もメジャーなもので、

多くの人がかかりやすい性病と言われています。

 

患部(性器)に痒み等の症状が見られることもありますが、

自覚症状がないケースも多く、

知らないうちにどんどん感染が広がってしまうこともあるので

注意が必要なのです。

 

また、クラミジアは咽喉にも感染する可能性があります。

咽喉クラミジアは性器クラミジアと同様の細菌のため、

性行為以外でも感染してしまうようになってしまいます。

 

特に近年、クラミジアの感染者は急増しています。

特に目立つのが女性のクラミジア感染者です。

女性の方が感染者数が男性の3倍近く多く、

特に若年層の感染者が増えています。

コンドームを装着しないセックスやオーラルセックスでの咽頭感染によって

次から次へとうつしてしまうからです。

 

男性よりも自覚症状が少なく

感染が広がってしまいやすいこともあるかもしれません。

そしてそのまま他の人に感染させてしまう率も非常に高く、

そうなるとパンデミックなみに広がってしまいます。

 

クラミジアの感染経路や原因とは?

性器クラミジアの場合、感染経路は性行為です。

多くは風俗などで知らないうちに感染してしまいます。

コンドームをつけないで生で挿入し粘膜がこすれ合うと

感染の確率が非常に高くなります。

 

また、性器クラミジアに感染したペニスをフェラチオなどをすると、

菌が喉の粘膜に感染し、咽喉クラミジアになってしまいます。

咽喉クラミジアにかかった場合は、

粘膜を絡み合わせるディープキスでも他人への感染の恐れがあります。

 

クラミジアの潜伏期間や症状とは?

クラミジアの潜伏期間は約1〜3週間だと

一般的に言われています。

しかし、長い人だと1ヶ月以上潜伏期間がある人もいるそうです。

 

クラミジアの症状とは男女で多少の違いが見られます。

 

男性のクラミジアの症状

まず男性ですが、症状があらわれないことも多いため、

何も考えず異性との行為を行ってしまう事が多いのが特徴です。

 

気づくとしたら感染後1週間目あたりから排尿時の違和感や痛み、

尿道のかゆみ、熱く感じるといった尿道炎を引き起します。

 

また膿のような分泌物が出る時もあります。

臭いですが膿が下着に付着したときに感じますが、女性よりは臭くありません。

放置すると、前立腺炎や副睾丸炎になります。

これは、ウイル スが副睾丸でまで達して睾丸が腫れて熱をもち、そけい部にかけて高熱と激 痛になります。

ここまで進行すると精子が作られなくなり、まれですが不妊 になる確率が高くなります。

 

女性のクラミジアの症状

女性の場合でも、感染した際に、半数は自覚症状があまりないとされています。

まず先に子宮頸管部(子宮の入り口)に感染するのですが、この場所は痛み を感じる神経がありません。

 

初期の頃は症状がでないので体調不良なのか感染症なのかはすぐにわかりにくく、治療が遅れがちになります。

病原菌は免疫力を低下させるので膣炎を起こしやすいので、

尿道に軽い炎症が起きる、排尿時に尿がしみる、おりものの臭いや量が増える、色が変わる、

性交のときに痛みを感じるなどの症状が出てきます。

放置していると、子宮内膜症、腹膜炎という深刻な病気 になってしまいます。

卵子が通る卵管をふさいでしまう卵管炎にも注意です。この病気は不妊症の 原因になります。

また、妊娠時にクラミジアに感染していることがわかっても、治療を受けることで母子感染を防げます。

クラミジアに気がつかず、そのまま出産した場合は胎児にクラミジアがうつ ります。

乳児クラミジア肺炎(生後1~6ヶ月)やクラミジア新生児結膜炎に なりやすいので、子

作りの前はシッカリと検査を受けて完治させることが大 切です。

 

 

また、クラミジアはフェラチオの行為から

女性が喉に感染してしまうケースも多いです。

 

クラミジアが喉へ感染した場合は、

喉の腫れ・痛み、喉の不快感、ひどくなると発熱などが見られます。

風邪の初期症状と似ているのですが2週間くらい経っても良くならないなどで、

病院を受診する場合が多いそうです。

 

クラミジアの検査時期や方法とは?

潜伏期間があり、人によっては自覚症状も少ないことから

感染したと思われる行為があったらしばらく様子を見て

他の人とセックスしないようにしたり、

定期的に検査をするなどの対策が必要です。

 

クラミジアの検査は病院でもできますし、

郵送でできる性病検査キットでも可能です。

 

検査法王は男女で少し違い、

男性は尿を採取して尿検査、

女性は子宮頸管の分泌物や

腟壁の粘膜部分の腟分泌物を採取して検査します。

 

血液検査もできます。

咽喉クラミジアは男女共、専用の食塩水でうがいをして

そのうがい液を検査することで感染しているかどうかがわかります。

 

クラミジアの治療方法、再発を防ぐ予防方法とは?

 

クラミジアは、1度感染したら自然治癒することはありません。

もし思い当たることがあれば、

無症状であっても検査し、医療機関で適切な治療を受けましょう。

 

治療そのものはそれほど困難なものではありません。

抗生物質の投与で治すことができます。

なるべく早く気づき、感染の拡大を防ぐことがポイントになるのです。

 

症状により個人差がありますが、

治療期間は長くても1週間程度で、

軽度であれば1回の投与で治ることもあります。

 

また、喉の痒みや違和感が続いた場合も

咽喉クラミジアの可能性もあるので一度検査をしてもらった方が良いかもしれません。

喉のクラミジアのほうが性器のクラミジアより治りにくいともいわれています。

 

中途半端な治療だと再発の恐れがあるため、

抗生物質を投与し、治療完了後でも

3~4週間後に再び検査を受けて確認をしましょう。

 

医師から陰性と最終的なOKが出た時が完治の合図です。

完治とされるまでにおおよそ1ヵ月前後の期間が必要となります。

 

風俗などでクラミジアに感染する男性が増えていることから、

放置するとどんどん他の人に広がっていきます。

 

性感染症研究所の郵送検査も活用できますので、

病院に行くのもためらわれるような場合は、

性病検査キットを活用しましょう。

 

性病検査キットを使えば、誰にも知られることなく検査でき、

パソコンやスマホから結果を知ることもできます。

 

クラミジア・淋病の治療薬「ジスロマック」

【飲み方】1日3回×3日間服用することで完治します。
【特徴】ジスロマックは感染症に用いる抗生物質で、性感染症では淋菌、クラミジアに有効です。扁桃炎の治療にも使われているので, 咽頭感染の治療も効果的です。ジスロマックはマクロライド系の抗生物質なので、比較的強い副作用は出にくいのが特徴ですが、飲み合わせによって強い副作用を起こす場合があるので、服用する前は、医師に相談してみてください。STD(性病)の他、肺炎球菌、インフルエンザに効きます。
【副作用】軽い胃痛や食欲不振、下痢、吐き気などがあります。
アレルギー体質、肝臓・心臓に疾患のあるかたは、医師に要相談。