海外FX初心者も安心!大手のXM口座開設は必須です!

Pepperstoneはオーストラリアに本社を構える証券会社で日本でも多くのトレーダーが利用する人気の証券会社です。そんなPepperstoneの会社情報を見ていきましょう。

正式名称は「Pepperstone Financial Pty Ltd」で本社の所在地は「Level 3, 27–31 King Street Melbourne VIC 3000 AUSTRALIA」となっています。

創業は2009年と比較的歴史のある証券会社で資本金は非公開ですが、オーストラリア証券投資委員会の許可認定を受けている信頼性の高い証券会社です。

また日本人のスタッフも複数人在籍していることから、公式サイトはもちろん取引システムやメール、さらには電話によるサポートまで日本語で対応してくれます。そのため英語が全くできなくても安心して利用することが可能です。

特徴やメリット、デメリット

Pepperstoneの特徴やメリット・デメリットですが、海外のFX業者はハイレバレッジが使えることと引き換えに広いスプレッドを受け入れるのが通常です。しかし、Pepperstoneは海外の業者においてはスプレッドが狭い特徴があります。

世界一の取引量を誇るEURUSDのスプレッドは海外業者の場合、平均1.5Pipsから2.5Pips程度となっていますがPepperstoneは0.1Pipsと業界最小水準となっています。それでいて海外業者の魅力であるレバレッジも400倍と他業者と引けを取らないハイレバレッジを実現しています。

そんなPepperstoneですが、経済信用度も最上級のAAAという評価を受けるほど信頼性が高い証券会社で、顧客の資金は自社の資金とは別で管理していて、管理する銀行もナショナルオーストラリア銀行と信頼度の高い銀行が管理してくれます。

他にも仲介業者を挟まない取引を実現していたりと、多くも魅力がある証券会社となっています。

みんなの口コミや評判、評価など

狭いスプレッドながらハイレバレッジも使えることから多くの日本人にも人気のPepperstoneですが、実際に利用している方の口コミや評判はどのような意見が多いのでしょうか見ていきましょう。

利用者の口コミや評判を確認してみると、やはり多い意見としてはスプレッドに関する意見が多いように感じました。

例えば「国内業者並みのスプレッドの狭さなので、短期売買でも問題なく取引できる」といった声や「日中は働いているので夜の限られた時間で短期売買をしているが、スプレッドが狭いことからすぐに利益が出るのは嬉しい」などの良い意見が多くみられました。

またハイレバレッジや追証がないという点も人気なようで「小額から始めたいのでレバレッジが高いのは良い」という声や「ハイレバレッジでも追証がないので安心してトレードできる」といった声も見られました。

やはりスプレッドの狭さに加えてハイレバレッジや追証がない点が、トレーダーにとってリスクが低くなるとして人気のようです。

実際に口座開設してトレードした感想、体験談

Pepperstoneで実際に口座開設をしてトレードをした体験談や感想についてお伝えしていきます。実際の体験は、まずは口座開設をする事からスタートしました。

口座開設は日本語による解説サイトも数多く存在していたため、迷うことなくスムーズに開設をする事ができました。ちなみに口座の種類はStandardを選択しました。

口座開設が完了すると入金をしてトレードをスタートさせたのですが、入金は最初にクレジットカードを登録してしまえば、その後はクレジットカード情報の入力の手間が省けるのでやりやすかったです。

実際のトレードは全てMT4上でトレードができるので、他の証券会社と同じ要領で新規注文から決済までできるのでMT4に慣れている方であれば迷うことなくトレードできるでしょう。

またスプレッドの狭さがメリットのPepperstoneなので、短期売買でも利益が出やすく約定率も高いので、効率の良いトレードを実現することが可能だと感じました。

口座の種類と開設方法、手順

Pepperstoneで選択できる口座の種類はStandard口座とRAZOR口座の2種類となっています。口座開設の方法は、まず公式サイトにアクセスしてください。

公式サイトにアクセスしたら「Open Live Trading Acount Now」をクリックします。次のページで個人口座を意味する「Individual Account」の「Apply Online」をクリックしてください。

次のページで口座の種類を選択するのですが、特に希望がない場合にはStandardを選ぶ方が良いでしょう。

次の画面で国と氏名、生年月日、メールアドレス、国際標準の電話番号、住所、郵便番号を全てローマ字表記で入力します。

次の画面に進むと秘密の質問とその答え、年収、貯蓄、投資経験などのアンケートに回答したら利用規約をよく読んで問題なければ同意して次に進みます。

次の画面で身分証明書をアップロードしたら最後の画面でレバレッジと通貨を選択して手続きが完了です。

入金の種類と方法、手順

Pepperstoneの入金方法ですが、クレジットカードによる入金と国内送金が用意されています。どちらの方法でも、まず会員ページにログインすることから始めます。

会員ページにログインするとマイアカウントが表示されるので、その中の入金したい証券口座の「預金」をクリックします。次の画面でクレジットカード/デビットカードの「今基金」をクリック、「あなたのアカウントにクレジットカードを追加」をクリックしてください。

次の画面でクレジットカード情報を入力してクレジットカード情報を追加します。カードを追加したら再び「今基金」の画面に戻り「今基金」をクリック、入金する証券口座を選択して登録したクレジットカードを選択して入金額を入力すれば完了です。

国内送金はマイアカウントで「預金」をクリック、「ローカル銀行振込」の「今基金」をクリック、入金額と入金先の証券口座を選択して「今基金」をクリックします。すると振込先の銀行情報が表示されるので振込をすれば完了です。

出金の種類と方法、手順

Pepperstoneの出金方法はクレジットカードと銀行送金の2種類があり、手順はどちらも会員ページにログインすることから始めます。

クレジットカードはマイページの左メニューから「出金」をクリックして次の画面の「日本のお客様向け出金フォーム」をクリックします。

出金フォームに進むと最初の「60日以内にクレジットカードで入金されましたか」の質問に「はい」を選択するとクレジットカードによる出金が可能になるのでMT4アカウントを選択して引き出し額を入力すれば出金ができます。

銀行送金も途中までは手順は同様です。違うのは「日本のお客様向け出金フォーム」を選択後の質問で「いいえ」を選択します。

どの出金方法をご希望ですかの質問には「海外電信送金(20AUD)」を選択、次の画面でMT4アカウントの選択と引き出し額を入力、アカウント名と銀行口座番号、SWIFTコード、銀行国を入力して入力内容を確認して問題がなければ「次のステップ」をクリックすれば出金が完了します。

  AXIORY公式サイトはこちら↓   TradeviewForex公式サイトはこちら↓