近年ますます広がりを見せている

ビットコインをはじめとする仮想(暗号)通貨。

ニュースなどでも取り扱われ、

世界中で話題となっています。

 

2017年は仮想通貨元年とも言われており、

今後数年で既存のお金に変わり、

日常的に使われるようになるのではと予測する人も多いです。

 

そうなると今後数年で決済方法はもちろん、

お金そのものの認識や価値でさえも変えてしまう可能性があります。

 

当サイトではそんな仮想通貨について

どういう仕組みなのか、どうやって手に入れるのか、

おすすめの取引所比較ランキングなど、

わかりやすく解説していきます。

 

また、仮想通貨関連の様々な投資案件を

実際にやってみた体験談も紹介します。

 

仮想通貨とは何?

よく勘違いしている人も多いのですが、

仮想通貨はクレジットカードや各種ポイント、

スイカなどの電子マネーとは全く違う、

どこの国にも政府にも属さない、

完全に独立したネット上のデジタル通貨です。

(発行や維持、管理をしている団体や、会社などはあります)

 

最近は、無価値の危険な仮想通貨や

それらに関連した詐欺目的の投資案件も出てきていますが、

仮想通貨自体は昔流行ったような円天などのネズミ講でもないですし、

アムウェイなどのネットワークビジネスとも違います。

 

仮想通貨の仕組みや特徴とは?

仮想通貨の仕組みとして1番注目されているのが、

ブロックチェーン技術です。

 

ブロックチェーンの仕組みというのは説明するのが難しいのですが、

例えばビットコインなどはP2Pネットワークというもので運営されており、

ビットコインを所持するそれぞれがブロックチェーンと呼ばれる技術で銀行の役割をするため、

データの改ざんなどがされず、

非常に安全かつ低コストでやり取りができるというものです。

 

管理者のような人や存在というのを作らなくても

データの改ざんを防ぎ、信頼できるやり取りが可能になるので、

仮想(暗号)通貨以外にも応用でき、

すでに今世紀最大の特許とも言われています。

 

他にもイーサリアムのスマートコントラクトは

中央機関なしに契約を自動執行できる仕組みがあったり、

取引の匿名性を高めるDASHのコインジョイン方式やモネロのリング署名、

Zcashのゼロ知識証明など、

それぞれの仮想通貨で多くの優れたシステムが利用されています。

 

これらの仮想通貨はネット上でマイニング(採掘)という作業を通じて

発行され、通貨によってはその上限が決められています。

 

仮想通貨の種類はどれくらいある?

現在、仮想通貨と呼ばれるものは

すでに世の中に流通して使われているものから

何だかわからない怪しいものまで数多くあり、

その種類は全部で2000種類くらいあるとも言われています。

 

また、ICOという資金集めなども日々積極的に行われており、

今後もまだまだ増えそうです。

 

その中で現時点で最も世界中に広く普及しており、

知名度もあるのが、ビットコインです。

 

日本国内でもビットコインへの換金ATMや、

実際に支払いができる店舗、サービスなどが

急速に増えてきています。

 

ビットコイン自体の市場規模もものすごいスピードで伸びており、

利用者も今後ますます増えていくことが予想されています。

 

仮想通貨を持つメリットとは?

仮想通貨市場はまだ発達段階であり、

現時点では投機的なものと考えられていたり、

値動きが大きすぎるなど実用性の面では問題もあります。

 

しかしそれを差し引いても今後の可能性というものが非常に大きいです。

 

・送金や支払いの手数料が安くなる

仮想通貨の最大のメリットは、

送金や支払いの手数料が安くなるということです。

 

銀行を仲介しなくていいので圧倒的に送金手数料が安く、

例えば銀行で行う海外送金など手数料が数千円かかるものでも、

仮想通貨なら数十円程度しかかからず、ほぼタダ同然です。

 

今まで送れなかったような少額の単位での送金も可能です。

 

また、現在普及しているクレジットカードなどは、

決済するたびにカード会社に決済手数料が取られています。

この手数料はお店が負担していたり、

商品価格に上乗せされて消費者が払っています。

 

クレジットカードの手数料は商品の3%くらいは取られているので、

これがビットコインで支払いということになると

それだけで商品を格段に安くすることも可能です。

 

銀行やクレジッドカード会社の得ている利益は

年間数十兆円とも言われています。

 

ビットコインをはじめとする仮想(暗号)通貨は

これらの市場を奪う可能性があります。

 

特に銀行は、今までのような

お金を移動させるだけで儲けるような

手数料ビジネスが今後難しくなるでしょう。

 

・いつでもどこでも誰でも簡単に支払いが可能

仮想通貨は、パソコンやスマホでウォレットと呼ばれる自分の財布アプリに入金しておくだけで、

土日祝日も関係なく、

24時間365日いつでもどこでも送金ができます。

 

スマホアプリも多く、それだけで完結するので財布を持ち歩かなくてもいいですし、

アプリでQRコードを読み取るだけで送金が完了するので

支払いが楽になります。

 

また、クレジットカードなどは、

銀行口座を持っていて審査に通る人しか利用できないですが、

ビットコインなら条件なしで誰でも利用でき、

後進国や発展途上国の人、住所がない人でも使え、

現にアフリカなどでも普及してきて人気が出始めています。

 

・送金システムが非常に安全

クレジットカードは常に不正利用やスキミングなどの被害の危険にさらされていますが、

ビットコインで使われているブロックチェーン技術というのはそういった心配がありません。

 

ただし、取引所に自分のビットコインを置いてそのままにしておいたり、

ウイルス感染してしまうなどということはリスクになります。

 

取引所に置きっぱなしにせず、

きちんと自分のウォレットの方に移動させて保管しましょう。

できればハードウォレットの利用がおすすめです。

 

・国や政府による支配を受けない

現在、どこの国や政府も、中央銀行を支配しており

政府が通貨の発行量を決められます。

 

しかし近年、多くの国で政府によってお金が大量に刷られ、

紙幣の価値が下がるインフレ状態になってきています。

 

本来お金というのは国や政府への信頼によって成り立つものですが、

その信頼関係が成り立たなくなってきているのです。

 

例えばビットコインだと、通貨の発行上限が2100万通貨までと決まっているため、

インフレにならず、金のように資産価値が高いです。

そして金よりも持ち運びが楽なので資産としても注目されています。

 

ビットコインは完全に外部からの人為的な圧力を受けない通貨、資産として

非常に魅力的です。

銀行や政府など今まで権力を握っていたものも、

今後形を変える可能性があります。

 

 

仮想通貨の購入方法や、所持に必要な物は?

仮想通貨を持つためには、

ウォレットと呼ばれるネット上の財布

仮想通貨取引所(販売所)への登録が必要です。

 

仮想通貨を手に入れるには、

 

仮想通貨取引所(販売所)に銀行やクレジットカードからお金を入金

仮想通貨に変えて自分のウォレットに送金

 

という流れになります。

 

逆に仮想通貨を現金に戻したい場合には、

 

自分のウォレットから仮想通貨を取引所(販売所)に送金

仮想通貨取引所(販売所)で換金し、自分の銀行口座に出金

 

という流れになります。

 

他にも街中にあるビットコインのATMでビットコインを購入し、

自分のウォレットに送ることもできます。

 

ウォレットにはアプリだけの手軽なものから、

ハードウォレットと呼ばれる強固なセキュリティのものまで

たくさんの種類があります。

 

また、仮想通貨取引所(販売所)も

国内から海外まで多くの業者があります。

 

多くのの業者も仮想通貨が購入できる販売所と、

株やFXと同様、仮想通貨を売買して取引できる取引所が

セットになっています。

 

国内仮想通貨取引所(販売所)おすすめ比較ランキング

 

おすすめ1位 bit Flyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーも国内大手の仮想通貨取引所(販売所)です。

 

知名度も人気もあり、

サイト経由でネットショッピングすることでビットコインを貯められるなど

お得な使い方もでき、おすすめです。

 

bit Flyer(ビットフライヤー)取扱仮想通貨

Bitcoin(ビットコイン)

Ethereum(イーサリアム)

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)

Litecoin(ライトコイン)

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

Monacoin(モナコイン)

 

 

おすすめ2位 Zaif(ザイフ)

 

Zaifはテックビューロという会社が運営する仮想通貨取引所(販売所)で、知名度も高いです。

モナコインの取り扱いや、ネムのトレードができるなどのメリットがあります。

他にも話題になったCOMSAというプラットフォームトークンをはじめとする

Zaifでしか取り扱っていない仮想通貨も多いです。

ビットコイン積み立てなどユニークなサービスもあります。

 

Zaif(ザイフ)取扱仮想通貨

Bitcoin(ビットコイン)

Ethereum(イーサリアム)

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

Monacoin(モナコイン)

XEM(ネム)

 

その他トークン多数

 

 

おすすめ3位 GMOコイン

GMOコイン

FXなどでもおなじみの大手証券会社GMOの仮想通貨取引所(販売所)です。

現物購入はもちろん、仮想通貨FXにも力を入れていて、

大口取引でもきちんと約定するので安心です。

 

GMOコイン取扱仮想通貨

Bitcoin(ビットコイン)

Ethereum(イーサリアム)

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

Litecoin(ライトコイン)

 

 

coincheck(コインチェック)

 

コインチェックは、国内の仮想通貨取引所(販売所)業者です。

 

ビットコイン以外で有望な主要マイナー仮想通貨も多く取り扱っており、

サイトやアプリなども使いやすくて初心者には特におすすめです。

 

coincheck(コインチェック)取扱仮想通貨

Bitcoin(ビットコイン)

Ethereum(イーサリアム)

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)

LISK(リスク)

Factom(ファクタム)

Monero(モネロ)

Augur(オーガー)

Ripple(リップル)

Zcash(ジーキャッシュ)

XEM(ネム)

Litecoin(ライトコイン)

DASH(ダッシュ)

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

 

 

さらに手数料が安かったり、マイナーなアルトコインを買いたい人は

海外仮想通貨取引所がおすすめです。

手数料が安く、取扱コインもとても多く、

日本語対応の取引所も増えてきています。

 

海外仮想通貨取引所おすすめ比較ランキングはこちら