2017年は仮想通貨市場全体がものすごい勢いで上昇し

ビットコインも20倍ほど値上がりました。

 

この勢いは来年も続くのか、あるいはバブル崩壊となるのか

現時点で言われていることや、自分の考えなどまとめてみようと思います。

 

2017年の仮想通貨市場を振り返って

自分自身は2013年くらいからビットコインの話は聞いていて興味があり、

よくわからないけどお金というものの概念や流れが変わりそうな気がしていたので

欲しいなと思っていました。

 

しかしお金がなかったこともあり、実際に初めて購入したのは2016年の終わりでした。

ちょうど去年から稼げるようになり、

思い切って当時400万円分ほど(BTC価格は8万円くらいで約50BTC)購入しました。

 

しかし、その後いくつかのICO案件やハイプ案件に投資したり、

他のコインチェック銘柄の仮想通貨購入したり、

暴落したり価格が下がるたびに円に変えてしまっていたので

結果的にはBTCはそんなに増えませんでした。

 

しかしBTCの値上がり自体があったので

結果的には円換算で当初の購入金額の5倍近くは利益が出ました。

 

ただ、これも10月、11月に税金もあるしてことで利益確定しましたが、

その後BTC価格は3倍近く上昇したのでとても損した気分ですが、、笑

 

まあそんな感じで、結果的にはただガチホしてればよかった1年でした。

しかし、度重なる暴落説や含み益に堪えることはなかなか難しかったので

しょうがないかなと思います。

 

それでも運良く仮想通貨市場で利益を上げられたので

参入しててよかったと思います!

 

2018年のビットコイン価格や仮想通貨市場はどうなる?

2018年のビットコイン価格や仮想通貨市場については

多くの人が予想していますが、

銀行やファンド、国レベルでも

その評価は真っ二つと言っても良いと思います。

 

まだまだ上昇、暴騰する説

まだ価格が上がると予想している著名人や投資家は多く、

1BTC=500万、1000万、

さらに多い人だと5000万円とか

2020年くらいまでは上げ続けるとか色々聞かれます。

 

 

バルブ崩壊、暴落説

チューリップバブルと同様だとか、

各国政府がビットコイン規制に乗り出すとともに、1000ドルに落ち込む

などといった暴落説も多いです。

 

 

個人的な予想

自分も実際にビットコインには投資していてまだ保有している分もあるので

来年1年くらいは上がり続けたらいいなと思います。

 

実際にETFなどの取引も始まれば

1BTC=500万くらいは現実的に十分ありえると思います。

もちろん暴落する可能性もあるのですが、

ここまでの規模になってくると市場がすぐに全滅ということは少し考えにくいかなと。

 

また、過去のバブルと違い、仮想通貨市場というのは

このグローバル社会において、証券口座や銀行口座がないような人でも投資ができる、

つまり世界中の人のお金がもっとも集まりやすい市場であると言えます。

 

他の市場では参加できる人も限られていすし、

利食いをしないということもありえないですが、

仮想通貨市場においては自国のインフレがひどいからとかでガチホしてる発展途上国の人や

住所がない人、銀行口座が作れない人、

表では動かせない裏のお金のやり取りの代わりに使う人など

良くも悪くも幅広く、そういった意味では投機だけでなく実需もすでに伴っているとも言えます。

 

ほかの市場ではこんなことはないですからね。

 

なので値段の上がり方や上がり続ける期間も過去最大のものになっても

おかしくはないでしょう。

 

ビットコインを持ちつつ、他の有望そうなアルトコインにも分散投資していけば

市場の成長とともに資金も2.3倍には十分できるのではと思います。

 

懸念点について

ただ、もし政府の規制なんかが入るとビットコインが暴落する可能性は十分あります。

今の感じだと、他のアルトコインなど市場全体にも影響が出るでしょう。

 

また、ビットコイン自体もそのほとんどを数人の人間が保有しているとも言われており、

そういった人たちが一気に売り始めたら一瞬で価格は下がるでしょう。

まあわざわざ価値を落とすようなことはしないと思うので最後の手段かもしれませんが、、

 

あとは他の通貨がものすごい伸びてくるとか、

ビットコインからビットコインキャッシュに一気に乗り換わってしまうとか、

あるいはアップルやamazonのような大手グローバル企業が仮想通貨を発行してくるとか

そういうことも現上位通貨からすれば脅威かもしれません。

 

ちなみに大手グローバル企業が仮想通貨を発行してきたら

その影響というのはかなり大きいのではないかと自分は勝手に妄想しております。

 

アップルがアップルコインを出して、それで自社の商品を買えるようにしたり、

Apple Payで支払い対応させるとか、、

 

アマゾンがアマゾンコインを出してネットショップはもちろん、

今後進出してくるリアル店舗でも利用可能にするとか、、

 

すでにプラットフォームやインフラを支配しているような会社が仮想通貨に参入してきたら

ガチで政府の通貨発行権というのは脅かされるのではないかなと。

 

アマゾンで全部買い物して生活するとかできちゃう可能性あるのでね、、

 

クレカの信用枠みたいに仮想通貨界の信用創造が広がって、

法定通貨の影響力が下がっていくとか、、

 

まあどれも結局はいくら考えたところでわからないことなので、

基本的には上昇トレンドが続くという前提で考え、

投資金額は最悪なくなっても問題ない範囲でやるということしか

できないかなと思います。

 

2018年の自分の投資プランについて

11月に大部分を現金化してしまいましたが、

また少しずつ買い直したり、投資していこうと思っています。

とりあえずガチホ用のBTCと、USIで増やす用はもうあるので

 

USI投資についての詳細記事はこちら

 

あとはビットコインキャッシュや

他のアルトコインへの投資を考えたいなと思っています。

 

コインチェック銘柄のアルトコインは

ビットコインがあがるなら、あと2,3倍は上がるかもしれませんが、

面白みには欠るかなと思っており、

どうせならもう少しマイナーなもので伸びそうなものへ投資したいと考えています。

 

現時点ではだいぶ値段上がってしまいましたが、

IOTAは調べてみるととても面白そうで

すでに次世代の仮想通貨になりつつあるような感じがします。

 

あとはエアスワップなどの分散型取引所関連のコインも

面白そうかなと思って調べています。

 

あとあと、ADA(エイダ)や2月に上場するQuonta(クオンタ)など

カルダノ関連のコインは大化けするかもしれません。

 

ADAはプレセールから200倍近く上がりましたからね、、

上場してからも30倍とか、、

 

自分はプレセールで100万買ってて、

持ってれば余裕で億りびとだったのに、、笑

 

 

クオンタももしかするとそれくらい上がる可能性大なので

おすすめだと思います。

 

まあほんと何がどうなるかわからないので

大損しないようにだけは気をつけたいです。

 

追記

年末ですが、全体的に下がっているので

昨日今日でビットコイン、イーサ、リスク、ネム、リップルを買いなおしました。

さらに年明けにコムサトークンも購入。

 

ICOは一昨年購入したクオンタ、

年末にトークンペイ、オーディン、メディカルチェーン、メディカルビット、ヒーローを少しずつ購入。

*さらに年明けオーブ、shopin、wowbit、Shivom なども購入。

 

結局かなり突っ込んでいるので無事利益が出ることを祈るばかりです笑

 

 

来年はおもしろそうな草コインをちょこちょこ購入しつつ、

マイニングとUSIでBTC増やしつつ、

イーサ、リスク、ネム、リップルをガチホしつつ

ICOを待つ感じとなっています。