BITpointは日本で4番目の規模を誇る大手仮想通貨取引所で、

ビットコインや数種類のアルトコインの売買サービスを行っています。

現物取引の他にも信用取引が可能で、

本格的な仮想通貨FX投資ができる取引所として中・上級者の人気を集めています。

 

BITpoint(ビットポイント)の口コミや評判

BITpointの運営会社である「株式会社 ビットポイントジャパン」についての基本情報ですが、

2016年3月に、業務用のソフトウエア開発を行っていた株式会社リミックスポイントによって設立され、

仮想通貨交換業としてのサービスを開始しました。

顧客向けに仮想通貨取引サービスの他に、店舗向けにビットコイン決済サービスを提供しています。

2017年以降はイーサリアムやビットコインキャッシュの取扱も開始しています。

ちなみにビットポイントの親会社にあたるリミックスポイントでは株主優待として、同社の株主に対して保有株数が100株(約12万円分)ごとに10円相当のビットコインを配布しています。

ビットポイントジャパンの会社の歴史は浅いのですが親会社は東証二部に上場していることから、

BITpointは信頼性が高いという特徴があります。

株式会社 ビットポイントジャパンの経営陣は大手銀行や証券会社の経験者で、

銀行や証券会社並みの高いセキュリティ対策が施されています。

 

BITpointは歴史が浅いのですが、インターネット上の掲示板や口コミサイトには利用者の口コミや評判が多く寄せられています。

好意的な意見として、Meta Trader4を利用して自動売買でFX取引ができることや、

日本円以外にも多くの通貨ペアで取引が可能で外貨で保有できること、最大レバレッジ倍率が25倍と高いこと、

現物取引手数料が無料であること、などを高く評価する書き込みが見られます。

逆に不満に感じる点として、ビットポイントFX取引については土日にトレードができないことや、

初心者にとっては取引画面が見にくいという意見も見られます。

BITpointの取引画面は上級者向けに設計されているため、上級者の方におすすめです。

 

BITpoint(ビットポイント)の特徴や取り扱い仮想通貨について

BITpointのサービス内容ですが、ビットコインとイーサリアム(ETH)、

ビットコインキャッシュの現物取引と、ビットコインの信用取引(「レバレッジ取引」と「ビットポイントFX取引」)です。

 

レバレッジ取引とは、株式投資の信用取引のように投資家間で信用取引を行います。

ビットポイントFX取引は、レバレッジをかけて外為FXのように取引所と取引を行う方法です。

 

信用取引のツールとして、Meta Trader4(MT4)を利用することができます。

日本の仮想通貨取引所でMT4を導入したのはBITpointが初めてです。

携帯端末用の専用アプリも用意されています。

BITpointでは通貨ペアが豊富であるという特徴があります。

現物取引ペアは各仮想通貨に対して日本円のほか、ビットコインと米ドル・香港ドル・ユーロ・人民元・フィリピンペソです。

レバレッジ取引は日本円、ビットポイントFX取引取引は日本円に加えて米ドル・ユーロ・香港ドルのペアで取引が可能です。

 

BITpoint(ビットポイント)の安全性やセキュリティについて

運営会社の役員は大手銀行や証券銀行出身者であることから、BITpointは他の仮想通貨取引所よりもセキュリティ対策がしっかりしているという特徴があります。顧客が預けた資産は、会社の運転資金とは別に日証信託銀行に分別管理されています。

このため万一運営会社であるビットポイントジャパンが破たんしても、顧客の資産が保護される仕組みになっています。

取引システムには証券会社並みに高いセキュリティ対策が施されています。

さらに特別顧問として元金融庁長官で弁護士の日野正晴氏を迎えることで、法体制の面でも万全な体制が整えられています。

BITpointは国内の仮想通貨取引所の中でも安全性が非常に高いという特徴があります。

 

BITpoint(ビットポイント)の口座の種類と開設方法

BITpointの口座の種類は「総合口座」のみです。メールアドレスを登録しただけの仮口座のようなものは存在しません。

口座開設方法の手順は、最初にメールアドレスや本人確認手続きを行ってから審査を受けて、総合口座が開設されます。

口座開設方法は、公式サイトにアクセスして右上に表示される「口座開設」をクリックします。

入力フォームが表示されるので、必要事項を記入して手続きを進めて行きます。

途中で本人確認書類の提出フォームが表示されるので、

運転免許証などの文字が判別できるように撮影した画像をアップロードすれば、申込手続きは完了です。口

座開設通知が来たら、ログインして取引を開始することができるようになります。

 

BITpoint(ビットポイント)の入金の種類と方法

総合口座が開設されたら、トレードを行うための資金を入金する必要があります。

入金の種類ですが、日本円またはビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム(ETH)から選択できます。

日本円は指定された銀行口座に振込を行います。クイック入金(ペイジー)には対応していないので、

銀行の営業時間外に手続きを行った場合には翌営業日まで入金が反映されません。

入金方法ですが、ログイン後に「入出金・振替」をクリックして通貨の種類を選びます。

日本円の場合には振込先の銀行口座が、ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアムは送信先のコインアドレスが表示されます。

入金時にBITpoint側で徴収される手数料は無料ですが、金融機関またはマイナーに支払う送金手数料は自己負担となります。

BITpoint(ビットポイント)の仮想通貨(暗号通貨)の買い方、売り方の方法

BITpointでは、ビットポイントFX以外はボードを見ながら買い注文または売り注文を出しておき、取引が成立するのを待ちます。

現物取引の場合は販売所のサービスは利用できません。

取引時の最低取引数量は0.1mBTC、0.1mBCC、0.01ETHと低く設定されていて、

ビットコインであれば約500円、ビットコインキャッシュであれば約50円に相当します。

取引方法ですが、ログイン後に取引画面を表示させ、数量とレートを入力してから売りまたは買い注文を出します。

注文の種類はストリーミング注文(成行・指値)・シングル注文(成行・指値)・逆指値注文(成行)から選ぶことが可能です。

注文の有効期限が定められていません。

 

BITpoint(ビットポイント)の出金の種類と方法

出金の種類は、日本円またはビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアムが選択できます。

アカウント内で日本円以外の外貨を保有することは可能ですが、出金ができる法定通貨は日本円のみです。

日本円は、あらかじめ登録しておいた本人名義の銀行口座に振り込まれます。

出金の場合には金融機関に支払われる振込手数料の実費のみ差し引かれます。

出金手順ですが、ログイン後に「入出金・振替」をクリックして通貨の種類を選択します。

仮想通貨を選択した場合には、送信先のコインアドレスを入力します。

数量(0.01BTC、0.02BCC、0.1ETH以上)と送信先のアカウントを指定して出金申請を行うと、送金が実行されます。

 

BITpointは仮想通貨FX取引で自動売買ができるという特徴があり、中・上級者におすすめの取引所です。

日本円以外の外貨を保有することができるので、為替レートの変動を利用して為替差益を得ることも可能です。