Japanese all-rounder

Bigbossはニュージーランドに本社を構える証券会社で、インターバンク直通のECN方式を採用している透明感の高い取引を実現している証券会社です。

そんなBigbossの会社情報ですが正式名称は「Big Boss Financial Limited」で2013年6月12日から事業を開始しています。資本金は100万ドルで従業員は30名ほどとそれほど多くはありませんが、英語の他に日本語や簡体字、繁体字にも対応していて日本人のスタッフも5名が在籍しています。

またBigbossが取得しているライセンスは「IBC No : 23356 IBC 2016」「St. Vincent & the Grenadines」「LICENCE NO. : MB/16/001」「Labuan, Malaysia」となっています。

ちなみに公式サイトは2016年8月より日本語対応が完了していて、顧客専用ページも同様に日本語への対応がされているため、日本人には非常に使いやすい証券会社となっています。

特徴やメリット、デメリット

Bigbossの主な特徴やメリット・デメリットですが、まず競争力のあるスプレッドと高い約定力が特徴になっています。

Bigbossでは大手金融機関からプライスフィードの配信を受けているため東京時間とロンドン時間、ニューヨーク時間の安定した競争力の高いスプレッドが提供されています。そのためドル円のスプレッドは平均1.6Pipsと他の証券会社と比べて非常に優遇されたものとなっています。

またECN方式を採用しているため、顧客の注文を全てそのままのレートでカバー先に流していて、いわゆる呑み行為を行わないクリアな証券会社なので、その点も大きなメリットと言えるでしょう。

加えてレバレッジも555倍と高く設定されていて、日本語の対応も素早いのでこれといったデメリットはないですが、強いて上げるとすれば資産の管理は分割管理のみで信託保全がないため、万が一Bigbossがなくなると資金を失う可能性があるという点です。

みんなの口コミや評判、評価など

実際にBigbossを使用している方の口コミや評判は、どのような意見が多いのでしょうか詳しく見ていきましょう。

やはり多くみられる意見としては約定率の高さと日本語によるサポートの質の高さで、ECN方式を採用しているだけあって、約定率は他の証券会社よりも高いという声が多くみられて、ニューヨーク時間やロンドン時間といった取引が活発な時間帯でもストレスなく取引が行えると評判です。

また日本語のサポートに関してですが、問い合わせのメールを土日に送信しても深夜帯の問い合わせでなければ、その日のうちに返信をしてくれるので非常に質の高いサポートを提供していることが分かります。このように万が一トラブルが起きてもBigbossなら安心というのが、とても評価される点となっています。

加えて高い評価を受けていた点としては、FX取引だけではなくCFDの取り扱いもあるという点で、他の証券会社よりも取引できる対象が多いのも高評価の秘訣です。

実際に口座開設してトレードした感想、体験談

次は実際にBigbossで口座開設をしてトレードをした体験談や感想について、詳しくお伝えしていきます。

まず口座開設ですが、先ほどもお伝えをした通り公式サイトは2016年8月より日本語対応しているため、日本語に変更すれば全ての説明が日本語で表示されるため分かりやすかったです。またクイック口座開設というものがあり簡単な情報入力だけで口座開設ができるので、海外の証券会社の中でも特に簡単に口座を開設することができました。

口座開設が無事に完了して、いよいよ実際のトレードですがBigbossでは他の証券会社も多く採用しているMT4による取引がメインとなっているため、MT4に慣れている人にとっては取引がしやすいです。

また特徴と言われていた約定率も実際に取引をしてみると約定されないというケースがほとんどなく、唯一アメリカの雇用統計の際に注文が滑ったりスプレッドが開くという事はありますが、非常にスムーズなトレードができる証券会社だと感じました。

口座の種類と開設方法、手順

多くの証券会社では口座の種類は複数用意されていますが、Bigbossに関してはスタンダート口座の一種類のみとなりますので、ここではスタンダート口座開設方法の手順をお伝えしていきます。

まず公式サイトにアクセスします。公式サイトの上部には言語の変更がありますので日本語が良い方は日本語を選択してください。次に画面真ん中の「クリック口座開設」をクリックします。

そこでは同意書を読み取引通貨をドルか円から選択したら、ローマ字表記で氏名とメールアドレスを入力して国籍と居住国を決定、最後にセキュリティチェックのため上窓に表示されている4桁の数字を入力して口座開設をクリックします。

すると入力したメールアドレスに取引口座情報とマイページのログイン方法などが記載されたメールが届くのでマイページにアクセスします。そこで性別や生年月日、国籍、居住国、住所、電話などを入力して本人確認書類として運転免許証かマイナンバー、パスポートなどをアップロードすれば口座開設の完了です。

入金の種類と方法、手順

Bigbossにおける入金方法は国内送金、クレジットカード、ビットコインの3つの方法から選択することができます。

国内送金はマイページにログインして「JPYで入金する」をクリック、「日本国内銀行からお振込み」というページに進むのでページの下部にある「JPY振込先銀行情報」という部分で入金先となる取引口座を選択、三井住友銀行の口座情報が表示されるので振込をすれば完了です。

クレジットカードはマイページにアクセスしてメニューバーより「入金」をクリック、入金オプションの一つ「クレジットカード」の枠内にある「入金」をクリックします。そこでクレジットカードブランドを選択して次へ、次のページで入金したいMT4口座番号と入金額、電話番号を入力、最後にカード番号や名義、有効期限などの情報を入力して「入金する」をクリックすれば完了です。

また2017年5月よりビットコインによる入金も使いやすくシステム変更されたので、ビットコインをお持ちの方は利用してみてください。

出金の種類と方法、手順

出金方法は国内送金による出金が可能です。また出金するためにはユーザー本登録が完了していることが前提なので、必ず済ませておくようにしてください。

出金方法はマイページのメニューバーにある「出金」をクリックします。出金画面に進むと中段に「銀行情報の追加」があるので、そこで銀行名や銀行住所、支店名、支店番号、銀行口座名義、口座番号、スウィフトコードを入力します。ちなみに銀行名や住所は英語表記になりますので、インターネットでお使いの銀行名と住所の英語表記を調べてください。

入力を終えたら「保存する」をクリックします。次に出金ページ中段にある「日本のお客様へ」をご覧ください。そこの枠内にあるチェックボックスの「利用する」にチェックを入れてください。

最後に出金ページ下部で「出金元口座」「金額」「出金先口座」を選択して「出金する」をクリックしてメールアドレスに確認メールが届けば完了です。ちなみに国内送金では2営業日で指定された金融機関口座に着金します。

  TITAN FX公式サイトはこちら↓   AXIORY公式サイトはこちら↓