FXを始めたばかりの初心者は国内のFX口座を開設してトレードしていると思います。

自分も初めたばかりの頃は、GMOクリック証券やDMM.comなどの

大手国内FX業者で取引していました。

 

しかししばらくして海外FX業者の存在を知り、口座開設をしました。

それからはずっと海外FX口座を使っています。

 

海外のFX口座には国内のFX口座にはない様々なメリットがあります。

 

FX口座は国内、海外どっちがいい?

ここで紹介していく国内FX口座と海外FX口座の違いを理解してもらえば、

やはり海外FX口座の方がメリットが大きいと思っていますので、

個人的には海外FX口座がおすすめです。

 

海外FX口座といっても数も多く、

詐欺的な業者や、出金がされないなど悪質業者のトラブルもあると聞きます。

自分も常に良い業者を求めており、それらの口コミ評判を確かめるべく、

実際に口座開設して取引を試していますので

ぜひ参考にしてみてください。

 

海外FX口座はハイレバレッジ 最大1000倍も!

国内のFX口座は最大レバレッジが25倍なので、それに比べてとても高いです。

FX口座に入金する必要証拠金が少なくても始められるので、

初期投資資金がない人には特におすすめです。

 

海外FX口座は追証なしの0カットシステムを採用

全業者ではないですが、主要な海外FX口座の多くは

追証なしの0カットシステムを採用しています。

暴落の際など損切りや強制ロスカットが滑ってしまった場合、

国内FX口座だと借金になってしまいますが、

海外FX口座なら最悪入金分を失うだけで済みます。

 

海外FX口座は口座通貨が円以外も選択可能 外貨を増やせる!

国内のFX口座は対応通貨が円のみですが、

海外FX口座はドルやユーロを始め、いくつかの主要な通貨から口座通貨を選べるので、

日本国内に居ながら、ドルやユーロなど外貨を稼ぐことが可能です。

違う通貨で複数口座を開設することも可能です。

 

 

海外FX口座は税金が安い

国内FX口座で得た利益は一律20%の税金がかかりますが、

海外FX口座での税金は雑所得となり、利益によっては国内よりも安くすみます。

また、FXで安定的に利益を出せるようになってきたらタックスヘイブンなど海外法人を作り

一時的にでも日本の非居住者になり海外FX業者を使うことで大幅な節税をすることも可能です。

 

国内FX口座と海外FX口座は取引ツールが違う

国内のFX口座ではだいたいどの業者もチャートを自社で作っているので

FX口座を乗り換えたときなど使い方がよくわからなかったりすることがありますが、

海外FX口座ではどの業者もMT4と呼ばれる世界標準のプラットフォームを採用しています。

最近ではcTraderという板情報が見れてECN取引ができるクラウドのプラットフォームも人気が出てきていて、

いくつかの海外FX業者では使うことができます。

 

海外FX口座のスプレッドは広い?国内FX口座との違いなど

国内FX業者は競争が激しいため、スプレッドは世界水準と比較するとかなり狭く設定されています。

その代り国内の業者の多くはディーラーを介するDD方式となっており、

ディーラーの裁量によって取引をコントロールすることによって、利益を出すことができています。

 

これは証券口座側が注文をいじれるということであり、

またトレーダーと証券会社は常に利益相反の状態にあるので

勝ち過ぎると口座を凍結させられたりします。

 

一方海外FX業者ではNDD方式というディーラーを介さない直接注文方式のため、

国内FX口座と比べるとスプレッドは広いですが、

取引手数料の中から利益を出しているため利益相反にもならず、

透明性の高い環境で取引できます。